2010年09月26日

山崎(ざきの漢字が変換できません)さん。昇段おめでとうございます。

7年4ヶ月の修業で四段錬士免状を川元先生からいただくことができましたね。

これからが、正伝空手のスタートです。

一緒に精進していきましょう。
posted by smz at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 審査 | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

高杉晋作

前回、父が言った言葉を、ふと思うと

なにもない人生は面白くない。

しかし、何もない人生なんてあるだろうか。

どんな人間(裕福・貧乏、健全・障害、男・女・ハーフ、有名大学出・なし、見栄えする容姿・しない容姿等)

その人なりの苦労・悩みがあるから、生き甲斐がある。

と言えるのだが、

高杉晋作は、あえて

「おもしろき、こともなき世を、おもしろく」

と言ってます。

この人は尋常ではないと、わたしは思います。
posted by smz at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ふと思うこと | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

ふと思うこと・・・父との会話

私が東京に就職が決まった時、父に聞きました。

貧乏でもなくお金があって、病気もなく健康であれば、いい人生だよね。

すると父は、

つまんない人生だね。面白くないね。

生きてる意味ないね。

と答えてくれたのを思い出しました。



posted by smz at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

腰痛から思うこと

少し前から腰痛がひどくならなければよいなと思いながら、9/5の演武会を無事終えて少し安堵したところ、翌朝布団から起きるのに激痛が走りました。

シップとコルセットでなんとか仕事は休みませんでしたが、椅子から立つときと歩きはじめは激痛が走り動くことができませんでした。

世間一般の空手なら、症状が治まるまで休むでしょうが、私たちのまろばし空手はこのくらいなら稽古できます。

それどころか、自分から動くことができなことから呼吸で動くことを実感できました。

腰が痛いので無駄な動きはできない。ギリギリまで待って最小の動きで技に入ることを考えました。

筋肉・腕力によるパワー空手もよいのですが、年をとれば誰も体力が衰えるのは仕方のないことです。

しかし、呼吸とか気とか念の空手であれば、体力の衰えや今回の私の腰痛のように体調が悪い場合でもあきらめることはないと思います。

腰痛も私にとっては、よいものです。



posted by smz at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 武道 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。